内田ゆず

人工知能学会全国大会@名古屋

JSAI2017


2017年度 人工知能学会全国大会(第31回)
http://www.ai-gakkai.or.jp/jsai2017/

日程:
    2017年5月23日(火)~ 5月26日(金)
会場:
    ウインクあいち(愛知県産業労働センター)
    愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38(名古屋駅から徒歩約5分)
    
発表資料 「3G2 Webマイニング「Webマイニング‐Webマイニング応用」」
https://kaigi.org/jsai/webprogram/2017/session-318.html

3G2-2 都道府県議会会議録を対象とした議題・議案表現の自動抽出に向けた検討

  1. 田中 琢真(豊橋技術科学大学大学院工学研究科情報・知能工学専攻)
  2. 小林 暁雄(豊橋技術科学大学大学院工学研究科情報・知能工学専攻)
  3. 坂地 泰紀(成蹊大学理工学部情報科学科)
  4. 内田 ゆず(北海学園大学工学部電子情報工学科)
  5. 乙武 北斗(福岡大学 工学部 電子情報工学科)
  6. 高丸 圭一(宇都宮共和大学 シティライフ学部)
  7. 木村 泰知(小樽商科大学 商学部社会情報学科)
  8. 増山 繁(豊橋技術科学大学大学院工学研究科情報・知能工学専攻)


3G2-4 議論の背景・過程・結果を関連づける地方政治コーパスの構築の試み

  1. 木村 泰知(小樽商科大学 商学部社会情報学科)
  2. 小林 暁雄(豊橋技術科学大学大学院工学研究科情報・知能工学専攻)
  3. 坂地 泰紀(成蹊大学理工学部情報科学科)
  4. 内田 ゆず(北海学園大学工学部電子情報工学科)
  5. 高丸 圭一(宇都宮共和大学)
  6. 乙武 北斗(福岡大学 工学部 電子情報工学科)
  7. 吉田 光男(豊橋技術科学大学 情報・知能工学系)
  8. 荒木 健治(北海道大学大学院情報科学研究科)

 

 

 

 

 

COLING2016 Workshop @大阪

大阪で開催されたCOLING2016のワークショップ ALR12で発表しました

http://aclweb.org/anthology/W/W16/W16-5410.pdf

Creating Japanese Political Corpus from Local Assembly Minutes of 47 Prefectures
Yasutomo Kimura, Keiichi Takamaru, Takuma Tanaka, Akio Kobayashi, Hiroki Sakaji, Yuzu Uchida, Hokuto Ototake, Shigeru Masuyama, Coling 2016 workshop, The 12th Workshop on Asian Language Resources, 78 – 85,   2016年12月, 査読有り

 

基盤研究(B) 研究分担者の追加

 

課題:議論の背景・過程・結果を関連づける地方政治コーパスの構築とその学際的応用
種目:文部科学省: 科学研究費補助金・基盤研究(B)
 
研究分担者が追加されました
  1. 木村泰知 (小樽商科大学) 
  2. 高丸圭一 (宇都宮共和大学)      
  3. 小林暁雄 (豊橋技術科学大学) 
  4. 坂地泰紀 (成蹊大学)      
  5. 内田ゆず (北海学園大学)      
  6. 乙武北斗 (福岡大学) 
  7. 河村和徳 (東北大学) 
  8. 川浦昭彦 (同志社大学)
  9. 吉田光男 (豊橋技術科学大学)  ← 追加

情報処理北海道シンポジウム2016

情報処理北海道シンポジウム2016で田中くんが発表しました.

都道府県議会会議録を用いた地方政治コーパスの構築の試み
田中琢真, 小林暁雄, 坂地泰紀, 内田ゆず, 乙武北斗, 高丸圭一, 木村泰知, 情報処理北海道シンポジウム 2016,   2016年10月

 

 

 

FSS2016・佐賀大学での発表

第32回ファジィシステムシンポジウム / FSS2016 @佐賀大学 で発表しました

http://fss2016.j-soft.org/

 

地方政治コーパス構築に向けた都道府県議会会議録からの発言データの抽出
田中 琢真, 小林 暁雄, 坂地 泰紀, 内田 ゆず, 乙武 北斗, 高丸 圭一, 木村 泰知, 第32回ファジィシステムシンポジウム,   2016年08月

 

 

平成28年度・基盤研究(B) ・採択

科学研究費補助金・基盤研究(B)

「議論の背景・過程・結果を関連づける地方政治コーパスの構築とその学際的応用」

研究機関  2016年04月 – 2020年03月,

研究代表者 

木村泰知 (小樽商科大学)    

研究分担者

  1. 高丸圭一 (宇都宮共和大学)     
  2. 小林暁雄 (豊橋技術科学大学)
  3. 坂地泰紀 (成蹊大学)     
  4. 内田ゆず (北海学園大学)     
  5. 乙武北斗 (福岡大学)
  6. 河村和徳 (東北大学)
  7. 川浦昭彦 (同志社大学)

 

<研究概要> 本研究では、地方政治に関する研究の活性化・学際的応用を目指して、「議論の背景」「議論の過程」「議論の結果」を関連づけるコーパスを構築する。具体的には、新聞記事(議論の背景)、地方議会会議録(議論の過程)、条例(議論の結果)の3つの言語資源を地域、時間、課題の観点から関連づけることを目指す。

 

 

研究・オノマトペ

概要

オノマトペの使用実態の分析

 地方議会会議録コーパスに含まれるオノマトペ(擬音語・擬態語)について分析を進めています。 公的な場である地方議会でもオノマトペが頻繁に使用されています。特に,施策の推進や明確な言及や適切な判断を求めるために使われる表現(例えば「しっかり」「はっきり」「どんどん」など)が多く出現します。
 全体的な傾向としては,西日本の地方議会でオノマトペがやや多く使われています。以下のグラフは地方議会会議録中のオノマトペの出現確率を地方別に集計した結果です。近畿地方でオノマトペがもっとも多く出現し、次いで、中国・四国地方、九州・沖縄地方の順となっています。
オノマトペの出現確率(6地方分類)
ono_bunpu
 オノマトペの中には使用される地域に偏りが見られるものがあります。特定の地域で多く使われるオノマトペを幾つか紹介します。
  • 九州地方では「ぴしゃっ」に他の地域とは異なる語義があり、多用されます。
    「ぴしゃっ」(共通語の語義:ある基準で完全にやめる,閉める,止めるさま)
    • ・・・市長はお金がないというたった一言でぴしゃっと切ってしまったんです。(和歌山県和歌山市)
    • 逆にきょう呼んでしっかり話をして、それでぴしゃっとやめるとなれば、やれないことないと思うけど、呼んでちゃんと話をして・・・(長野県松本市)
    • ・・・あの地域内に水が入るのをぴしゃっと入り口でとめていただいたということで、大変対応がよかったというふうなことを、まず、感謝を申し上げたいと思います。(山口県山陽小野田市)
    「ぴしゃっ」(九州方言の語義)
    • だから、審査会の権限とか、そういうものについてぴしゃっと明らかにして示す必要があるんじゃないかというふうに思うんですが、そこら辺についてどう考えますか。(福岡県嘉麻市)
    • そりゃ、職員は黒字が出ようが赤字が出ようがぴしゃっとボーナスも出ておる。(長崎県雲仙市)
    • それから、そのときも出たんですけれども、資料の提出方法を、もうちょっとぴしゃっと定めた方がいいのかなというような気はいたしました。(熊本県熊本市)
    • ここら辺をぴしゃっと整備しなければいけないというふうに思っておりますし、住民から信頼される自治体となるべく努力をしていかなければいけない・・・(宮崎県小林市)
  • 近畿地方を中心に,漠然とした大まかなさまを表す「ばくっ」が多く使われます。
    • ・・・まずは、何ていうんですかね、議会としてのばくっとした考え方なりを聞きたいというそういった思いで委員会、特別委員会だと思っております。(愛知県尾張旭市)
    • ・・・どういう課題が出てくるのかということについてはばくっとは聞きましたけれども、たらればという話がいっぱいあってなかなか定かになっていない・・・(滋賀県大津市)
    • 平均値がどれぐらいちゅのがもしわかれば、ばくっとでも結構です。(大阪府羽曳野市)
    • こうなってくると、ばくっと私が考えるのは、逆にその責任体制が分散してしまって、だれがじゃあこのプロジェクトを回していくのか・・・(兵庫県豊岡市)
  • 山口県において「きらら」が固有表現(名称)に多用されています。
    • ・・・従来より山口大学医学部附属病院などとも連携を図りながら、消防防災ヘリ「きらら」を活用し、ドクターヘリ的な運用による救急救命活動を展開しております。(山口県宇部市)
    • ・・・補助するグループホームはゆもと苑に併設されているきららの里で、この施設以外は全部火災通報設備は設置されているとの説明がありました。(山口県長門市)
    • 県はきらら博に始まり、国民文化祭、そして国民体育大会と大型イベントを行う一方で、福祉政策の費用をカットする態度は、決して許されるものではない。(山口県周南市)
    • 山陽小野田市きららガラス未来館の指定管理者の指定について質疑を行います。(山口県山陽小野田市)

オノマトペを工学的に利活用するための技術

 日本語に含まれるオノマトペの工学的な利活用を目指して,自動抽出手法語義分類手法などの研究にも取り組んでいます。
 オノマトペは,短いひらがなやカタカナの文字列であるため,文の中からオノマトペを正確に抜き出すことは難しいとされています。例えば,咳払いの音を表すオノマトペ「えへん」を地方議会会議録から抜き出そうとすると,関西方言の「~~せえへん」を大量に抜き出してしまいます。このため,オノマトペとして使われるものだけを適切に抽出する技術が必要となります。
  • ほんで、残業せえへんかったらもう行くところないわと。(京都府宇治市)
  • やっぱり農協だけではね、そら金のやっぱり入ってけえへんところは、なかなか手出しにくいんですわ。(大阪府河内長野市)
 また,オノマトペには複数の語義を持つものが多くあります。例えば「とんとん」は会議録に以下のように出現します。これらがどの意味で使われているかを推定(分類)する技術が必要となります。
  • 「とんとん」二つのものが同じくらいであるさま
    皆さんが立てられた経営改革プランは、あと2年したら収支とんとんぐらいになるということで病院の経営改革をされたでしょう。(兵庫県川西市)
  • 「とんとん」順調にはかどるさま
    すばらしい条例なので、とんとんと進むのかなと思ったら、結構時間もかかりましたし、きょうもいろいろ意見が出ているということで、いろいろな議論があるということを認識しました。(宮城県)
  • 「とんとん」軽くたたく音
    保育所では胸をとんとんして寝かしつけるということで、それで何とか落ちついてるという状況でございます。(福岡県北九州市)
 地方議会会議録に含まれるオノマトペの実例データを公開する準備を進めています。ご関心をお持ちの方はお問い合わせください。

研究業績

発表資料(PDFファイルにリンクしています)

ポスター(PDFファイルにリンクしています)

オノマトペ研究班

10339294_10204042580051711_5616193156009390935_o (1)