河村和徳

基盤研究(B) 研究分担者の追加

 

課題:議論の背景・過程・結果を関連づける地方政治コーパスの構築とその学際的応用
種目:文部科学省: 科学研究費補助金・基盤研究(B)
 
研究分担者が追加されました
  1. 木村泰知 (小樽商科大学) 
  2. 高丸圭一 (宇都宮共和大学)      
  3. 小林暁雄 (豊橋技術科学大学) 
  4. 坂地泰紀 (成蹊大学)      
  5. 内田ゆず (北海学園大学)      
  6. 乙武北斗 (福岡大学) 
  7. 河村和徳 (東北大学) 
  8. 川浦昭彦 (同志社大学)
  9. 吉田光男 (豊橋技術科学大学)  ← 追加

平成28年度・基盤研究(B) ・採択

科学研究費補助金・基盤研究(B)

「議論の背景・過程・結果を関連づける地方政治コーパスの構築とその学際的応用」

研究機関  2016年04月 – 2020年03月,

研究代表者 

木村泰知 (小樽商科大学)    

研究分担者

  1. 高丸圭一 (宇都宮共和大学)     
  2. 小林暁雄 (豊橋技術科学大学)
  3. 坂地泰紀 (成蹊大学)     
  4. 内田ゆず (北海学園大学)     
  5. 乙武北斗 (福岡大学)
  6. 河村和徳 (東北大学)
  7. 川浦昭彦 (同志社大学)

 

<研究概要> 本研究では、地方政治に関する研究の活性化・学際的応用を目指して、「議論の背景」「議論の過程」「議論の結果」を関連づけるコーパスを構築する。具体的には、新聞記事(議論の背景)、地方議会会議録(議論の過程)、条例(議論の結果)の3つの言語資源を地域、時間、課題の観点から関連づけることを目指す。

 

 

関連サイト

プロジェクトメンバー(研究代表者・分担者・連携研究者等)のウェブページ

 

関連サイト

 

 

採択研究課題 (科研費など)

コアプロジェクト

課題:「議論の背景・過程・結果を関連づける地方政治コーパスの構築とその学際的応用」
種目:文部科学省: 科学研究費補助金・基盤研究(B)
期間:2016年4月 – 2020年3月    代表者: 木村泰知
概要:本研究では、地方政治に関する研究の活性化・学際的応用を目指して、「議論の背景」「議論の過程」「議論の結果」を関連づけるコーパスを構築する。具体的に は、新聞記事(議論の背景)、地方議会会議録(議論の過程)、条例(議論の結果)の3つの言語資源を地域、時間、課題の観点から関連づけることを目指す。

    1.    木村泰知 (小樽商科大学)
    2.    高丸圭一 (宇都宮共和大学)     
    3.    小林暁雄 (豊橋技術科学大学)
    4.    坂地泰紀 (成蹊大学)     
    5.    内田ゆず (北海学園大学)     
    6.    乙武北斗 (福岡大学)
    7.    河村和徳 (東北大学)
    8.    川浦昭彦 (同志社大学) 

    9.    吉田光男 (豊橋技術科学大学)

 

 

「地方議会会議録コーパスの構築とその学際的応用研究」

  • 科研費基盤(B) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/22300086
  • 平成22~25年度
  • 研究代表者
    • 木村泰知(小樽商科大学)
  • 研究分担者
    • 森辰則(横浜国立大学)
    • 河村和徳(東北大学)
    • 高丸圭一(宇都宮共和大学)
    • 乙武北斗(福岡大学)
    • 湯淺墾道(情報セキュリティ大学院大学情報セキュリティ研究科)
    • 小林哲郎(国立情報学研究所)平成22年4月から平成24年1月まで
  • 研究協力者
    • 渋木英潔

関連プロジェクト

「学際的応用を考慮した地方議会議録コーパスの言語学的研究」

  • 科研費基盤(C) http://kaken.nii.ac.jp/d/p/26370498.ja.html
  • 平成26~28年度
  • 研究代表者
    • 高丸圭一(宇都宮共和大学)
  • 研究分担者
    • 木村泰知(小樽商科大学)
    • 乙武北斗(福岡大学)
    • 井上史雄(国立国語研究所)

「公共用語の地域差に関する社会言語学的総合研究」

  • 科研費萌芽研究 http://kaken.nii.ac.jp/d/p/23652102
  • 平成23~24年度
  • 研究代表者
    • 井上史雄(明海大学)
  • 研究分担者
    • 岸江 信介(徳島大学) 木村 泰知(小樽商科大学) 高丸 圭一(宇都宮共和大学) 田中 宣広(岩手県立大学宮古短期大学部) 半沢 康(福島大学) 山下 暁美(明海大学) Daniel Long(首都大学東京)

 

  • 科研費基盤(C) http://kaken.nii.ac.jp/d/p/25370524.ja.html
  • 平成25~28年度
  • 研究代表者
    • 井上史雄(国立国語研究所)
  • 研究分担者
    • 木村泰知(小樽商科大学)
    • 高丸圭一(宇都宮共和大学)
    •  
    •  

 

「地方議会議員と住民の協働支援のためのデータ放送の利活用に関する基礎研究」

  • 放送文化基金研究助成
  • 平成24年度
  • 研究代表者
    • 木村泰知(小樽商科大学)
  • 研究分担者
    • 森辰則(横浜国立大学)
    • 高丸圭一(宇都宮共和大学)
    • 乙武北斗(福岡大学)

「北海道における地方議員と住民間の協働支援システムの研究開発」

  • 総務省戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE)地域ICT
  • 平成20~21年度
  • 研究代表者
    • 木村泰知(小樽商科大学)
  • 研究分担者
    • 森辰則(横浜国立大学)
    • 渋木英潔(合同会社ディクティオ/横浜国立大学)
    • 高丸圭一(合同会社ディクティオ/宇都宮共和大学)
    • 米谷信昭((株)テクノラボ)
    • 山崎記敬(株式会社 HARP)

研究概要

本研究では、地方政治に関する研究の活性化・学際的応用を目指して、研究者が利用可能な地方政治電子化コーパスを全国規模で構築しウェブ上で提供することを目指しています。また、そのコーパスを利用して政治学、言語学、情報工学の研究を行い、その成果を学際的に応用した政治情報システムの開発を行う予定です。
本研究には以下の3つの大きな目的があります。
  1. 地方政治の研究者に向けた電子化コーパスを構築しポータルサイト等を通して提供する。
  2. 上記のコーパスを用いて政治学、言語学、情報工学の各分野の研究を行う。
  3. 上記の研究成果を学際的に応用した政治情報システムの研究開発を行う。