高丸圭一

人工知能学会全国大会@名古屋

JSAI2017


2017年度 人工知能学会全国大会(第31回)
http://www.ai-gakkai.or.jp/jsai2017/

日程:
    2017年5月23日(火)~ 5月26日(金)
会場:
    ウインクあいち(愛知県産業労働センター)
    愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38(名古屋駅から徒歩約5分)
    
発表資料 「3G2 Webマイニング「Webマイニング‐Webマイニング応用」」
https://kaigi.org/jsai/webprogram/2017/session-318.html

3G2-2 都道府県議会会議録を対象とした議題・議案表現の自動抽出に向けた検討

  1. 田中 琢真(豊橋技術科学大学大学院工学研究科情報・知能工学専攻)
  2. 小林 暁雄(豊橋技術科学大学大学院工学研究科情報・知能工学専攻)
  3. 坂地 泰紀(成蹊大学理工学部情報科学科)
  4. 内田 ゆず(北海学園大学工学部電子情報工学科)
  5. 乙武 北斗(福岡大学 工学部 電子情報工学科)
  6. 高丸 圭一(宇都宮共和大学 シティライフ学部)
  7. 木村 泰知(小樽商科大学 商学部社会情報学科)
  8. 増山 繁(豊橋技術科学大学大学院工学研究科情報・知能工学専攻)


3G2-4 議論の背景・過程・結果を関連づける地方政治コーパスの構築の試み

  1. 木村 泰知(小樽商科大学 商学部社会情報学科)
  2. 小林 暁雄(豊橋技術科学大学大学院工学研究科情報・知能工学専攻)
  3. 坂地 泰紀(成蹊大学理工学部情報科学科)
  4. 内田 ゆず(北海学園大学工学部電子情報工学科)
  5. 高丸 圭一(宇都宮共和大学)
  6. 乙武 北斗(福岡大学 工学部 電子情報工学科)
  7. 吉田 光男(豊橋技術科学大学 情報・知能工学系)
  8. 荒木 健治(北海道大学大学院情報科学研究科)

 

 

 

 

 

COLING2016 Workshop @大阪

大阪で開催されたCOLING2016のワークショップ ALR12で発表しました

http://aclweb.org/anthology/W/W16/W16-5410.pdf

Creating Japanese Political Corpus from Local Assembly Minutes of 47 Prefectures
Yasutomo Kimura, Keiichi Takamaru, Takuma Tanaka, Akio Kobayashi, Hiroki Sakaji, Yuzu Uchida, Hokuto Ototake, Shigeru Masuyama, Coling 2016 workshop, The 12th Workshop on Asian Language Resources, 78 – 85,   2016年12月, 査読有り

 

基盤研究(B) 研究分担者の追加

 

課題:議論の背景・過程・結果を関連づける地方政治コーパスの構築とその学際的応用
種目:文部科学省: 科学研究費補助金・基盤研究(B)
 
研究分担者が追加されました
  1. 木村泰知 (小樽商科大学) 
  2. 高丸圭一 (宇都宮共和大学)      
  3. 小林暁雄 (豊橋技術科学大学) 
  4. 坂地泰紀 (成蹊大学)      
  5. 内田ゆず (北海学園大学)      
  6. 乙武北斗 (福岡大学) 
  7. 河村和徳 (東北大学) 
  8. 川浦昭彦 (同志社大学)
  9. 吉田光男 (豊橋技術科学大学)  ← 追加

情報処理北海道シンポジウム2016

情報処理北海道シンポジウム2016で田中くんが発表しました.

都道府県議会会議録を用いた地方政治コーパスの構築の試み
田中琢真, 小林暁雄, 坂地泰紀, 内田ゆず, 乙武北斗, 高丸圭一, 木村泰知, 情報処理北海道シンポジウム 2016,   2016年10月

 

 

 

FSS2016・佐賀大学での発表

第32回ファジィシステムシンポジウム / FSS2016 @佐賀大学 で発表しました

http://fss2016.j-soft.org/

 

地方政治コーパス構築に向けた都道府県議会会議録からの発言データの抽出
田中 琢真, 小林 暁雄, 坂地 泰紀, 内田 ゆず, 乙武 北斗, 高丸 圭一, 木村 泰知, 第32回ファジィシステムシンポジウム,   2016年08月

 

 

平成28年度・基盤研究(B) ・採択

科学研究費補助金・基盤研究(B)

「議論の背景・過程・結果を関連づける地方政治コーパスの構築とその学際的応用」

研究機関  2016年04月 – 2020年03月,

研究代表者 

木村泰知 (小樽商科大学)    

研究分担者

  1. 高丸圭一 (宇都宮共和大学)     
  2. 小林暁雄 (豊橋技術科学大学)
  3. 坂地泰紀 (成蹊大学)     
  4. 内田ゆず (北海学園大学)     
  5. 乙武北斗 (福岡大学)
  6. 河村和徳 (東北大学)
  7. 川浦昭彦 (同志社大学)

 

<研究概要> 本研究では、地方政治に関する研究の活性化・学際的応用を目指して、「議論の背景」「議論の過程」「議論の結果」を関連づけるコーパスを構築する。具体的には、新聞記事(議論の背景)、地方議会会議録(議論の過程)、条例(議論の結果)の3つの言語資源を地域、時間、課題の観点から関連づけることを目指す。