採択・セコム科学技術振興財団助成金・代表: 木村泰知

平成30年度 特定領域研究助成 の研究助成贈呈式に参加して,セコム科学技術振興財団から研究助成金を頂きました.ありがとうございました.

https://www.secom.co.jp/zaidan/news/news20181129.html

「民主制下における地方自治体の情報公開・オープンデータと情報セキュリテイとの交錯に関する研究」

代表者: 木村泰知

本研究では地方自治体における情報公開・オープンデータ化による民意の形成に関するサイバーセキュリティの保護と情報セキュリティの保護とが交錯している部分、つまり、「情報公開のあり方とテキストデータの公開によって実現可能な応用技術」の研究(オープンデータの光の側面)と「情報公開における個人情報保護やセキュリティ面の課題と情報の利活用を妨げている原因」の研究(オープンデータの影の側面)の両面を法律学、政策学、工学の切り口から明らかにすることを目的とする。

セコム科学技術振興財団: 特定領域研究助成研究期間: 2019年1月 – 2021年12月    代表者: 木村泰知本研究では地方自治体における情報公開・オープンデータ化による民意の形成に関するサイバーセキュリティの保護と情報セキュリティの保護とが交錯している部分、つまり、「情報公開のあり方とテキストデータの公開によって実現可能な応用技術」の研究(オープンデータの光の側面)と「情報公開における個人情報保護やセキュリティ面の課題と情報の利活用を妨げている原因」の研究(オープンデータの影の側面)の両面を法律学、政策学、工学の切り口から明らかにすることを目的とする。